テーマ:アニメーション

人間になるまでのカウントダウン。『Annette Messager The Messengers』

「私たちもピノキオと同様、操り人形だと思います。」 -Annette Messager 先日は、職場の美術館で開催中の 『アネット・メサジェ : 聖と俗の使者たち』を観る。 ここの美術館は、立地環境の特性上、財団のコレクション等の大きな資本の 後ろ盾を必要としてしまう為か、多数の芸術家の作品を集約混在した催しが多い為、 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

何もかもが新しく始まろうとしている、山梨の高校生たちと。

16日は、山梨県立美術館にて、武藤健司くんの講演会、 「えんぴつから動き出す世界」が、山梨県高美連の招致により開催。 武藤くんの事前打ち合わせ&リハが、午前中と聞いていたので、 僕はのんびり、本番講演時間に間に合わす形で、京王線高雄経由中央本線鈍行 を乗り継いで、約4時間。甲斐国首府、甲府入り。下総国からは、中々の長旅でござ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地上波への楽曲提供。

夏が過ぎて、秋が来て。 Cats Berryは、夏休みモードから秋休みモードへ突入です。 …。っておい!休みモードから休みモードって。変わってねーじゃねえか…。 って思ったそこのあなた。ザッツ・オールライト。Cats Berryは年中無休ならぬ、 年中有休がポリシー。(いやいや、勿論働いてますよ~笑)。 さて、おふざけ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Sugarless Factory × Cats Berry in 北九州。

切実な願いが吾れに一つあり 争いのなき国と国なれ 孫戸妍(ソン・ホヨン) 「和歌は新羅(シルラ)の『郷歌』が起源」 と説いた、韓国の女流和歌詩人。 ------------------------------------------------------------------------------------…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その過ちの下で、僕らは生きて死ぬだろう。イタリア見聞録、第六回。

未熟な葡萄、熟した葡萄、干し葡萄 すべて変化である。それは存在しなくなるためでなく、 現存しないものへの変化である。 Marcus Aurelius Antoninus / Ta Eis Heauton (自省録) 第十一巻 三十五 おすすめ料理みたいな言葉を軽蔑して トルバドゥール(世俗叙情歌)を唱えたって仕方のない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Sugarless Factory × Cats Berry、初作品『meem』(2002年)公開。

またまたようやく、更新です。 Cats Berry諸業務、滞りまくりで山積みデス。 7月度ライヴ・イベント、新規フライヤーは鋭意製作依頼中にて、 来週頭完成予定。昨日より、告知メールを送信させて頂いています。 8月度ライヴ・イベント、新規フライヤーは昨日原画作品到着済。 こちらのフライヤーの配布、郵送等も準備整い次第、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

個展告知。武藤健司の世界、『虫BAR』展。

急遽、個展告知。 Cats Berryのプロダクト・ツール制作番長(笑)にして、 現在フリーランスのアニメーション作家兼イラストレーターである 武藤健司くんの初の個展が、東京都助成金支援の下、明日から開催。 初日は自分もサポートに行きます。さてはて。今回は何を企んでいるのやら…(笑)。 武藤健司の世界、『虫BA…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イタリア見聞録、第四回。(11/29、I CASTELLI ANIMATI、開催。)

Look at the future ....  postcard from Munster Germany 08.01.2007 最近、ようやく年賀状の返事を書いた。というより、やっと書けた。 仕事やら、大学やら。年明け早々、2つの大型台風が上陸しているような 忙しない日々ですが。blogの更新も間隔が空きがちで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

帰国報告。驚きの泉、イタリア。

無事、イタリアより帰国しました。帰国報告です。 イタリアは、僕らの想像を遥かに越えた国でした。 強引でいい加減で、行き当たりばったり、ストライキ乱発の国。 国民総芸人かとさえ思えました。なんとも憎めない国です。 (一方、カトリックの総本山であるヴァチカン市国は、 恐ろしいまでに荘厳で、笑いの入る余地すらない異様な世界でした…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Bubble Knight、法王の都へ。

前述通り、本日午後一時出立。Cats Berryはイタリア、ローマへ謎の出張です。 イタリア・アニメーション・フィルム・フェスティバル 『I CASTELLI ANIMATI - INTERNATIONAL ANIMATED FILM FESTIVAL』 会期 29 NOVEMBER ~ 3 DECEMBER 2006 場…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

I CASTELLI ANIMATI INTERNATIONAL ANIMA ROMA ITALY

今夜はもうひとつ。イラストレーション&アニメーション工房 Sugaless Factory 主宰、武藤健司くんが、今回もガツンとやってくれました。 彼のアニメーション作品最新作、二度目の国際映画祭ノミネート決定のお知らせです。 アニメーション作家兼イラストレーターとして活躍中、 CATS BERRYでも缶バッチのイラストやフ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

偉大なる旅人。

いきなり、熱出ました。バタンキュウです。 こんな鮮やかにカレンダー通り、秋の気候になるとは~。 熱にやられてか、急にスナフキンのことが気になって来た。 アイツは風邪ひくのかなあ~? スナフキンの本名は「スヌスムムリク」。 英訳で「スナフキン」と発音しやすく直してあります。 父親はムーミンパパの友人のヨクサル、 母親…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Next Live 「ペンギンハウス的室内楽2」

9月10日(日)のライヴ・フライヤーを制作しました。 再度、告知致します。(フライヤー・イラストは、植物的なイメージで アニメーションを制作されている、倉見泰子さんによるものです。) 初秋の夕刻、ご都合が宜しければ、どうぞお越し下さい。 (宮田の出演は、19時45分頃を予定しています。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小さな声で、大きく。

今度初めて、ライナーノーツというものを書かせて頂くことになりました。 作品は、今年の9月6日に、ソニー・レコーズ・インターナショナルから リリースされる、『Susan Cagle / The Subway Recordings』 (SICP-1133)です。 うまく行けば、もう1人のライターの方の文章と載るそうです。 (…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

關于年輕人以及他們的電影座談会。

去る5月24日、中華人民共和国浙江省杭州市にある、 中國美術學院で行われた、「關于年輕人以及他們的電影座談会」 (FORUM ON YOUNG FILMMAKERS AND THEIR FILMS)。 この大学主催の映画祭において、友人のアニメーション作家、 武藤健司くんのアニメーション作品、「ミーム」が上映されたそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Sugaless Factory 武藤健司新作、『Bubble Knight』

急遽、告知要請があったので告知致します。 小春日和にぷらっと寄ってみてもいいかもしれません。 以下、Sugaless Factory告知文より。 新作Frashアニメーション『Bubble Knight』公開上映。 『Bubble Knight』(2006) 少年騎士バブルナイトが旅を続ける訳とは? 見知らぬ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more