Revisionist of British Soul Beat. Edgar Jones 08'

先週は、Edgar Jonesの再来日公演へ。土砂降りのシャウトを浴びる。



画像




前回観た、2006年11月の初ソロ来日公演と比べてどうとか。もうそういう批評が
成り立たない次元のところで、彼らの音楽は陽気に高らかに。確信的に鳴り響いている。
結局の話。彼らの音楽に親しみと共感を覚える核心的なトコロは何か。と、自らに問えば。
既存のセンスの良いリズム・アンド・ブルース、ソウル、ジャズ、ロックンロールを復古させる
というよりも。それらによって研ぎ澄まされた、自らの感性に屈託のない新しい創意工夫を
随所に凝らせ、かつ最終的に熱のある感情の塊のみにまで昇華させてしまうという男気
溢れる離れ業を魅せてくれるというトコロ。ソコには、マニアックで袋小路な閉塞感は皆無。
音楽は大衆に、観衆に、その熱をそのまま明るく照らし返してくれる。Edgar Jonesは
今世紀の英国で、最高の大衆音楽をぶっ放してる。これはもう、モノ凄く新しくて、見事な
冒険だと僕は思うのだ。とかなんとかそんなような話を、終演後に落ち合ったゆりのき楽団
の清水君と、相も変わらず喋りまくった或る夜桜の宵であった。会場限定Live盤も最高…!



画像




Edgar Jones & The Joneses " We Should Get Together "
windbell official bootleg series vol.1 wb15

1. Aren’t You Happy
2. Hey Joseph
3. We Should Get Together
4. (Ain’t Gonna Be Your) Fool No More
5. Necessary Evil
6. My Babe
7. I Let A Song Go Out Of My Heart
8. You Want Me To Want You Back
9. Do Doh Doncha Doh
10. More Than You’ve Ever Had
11. The Way It Is
12. You Know You Can Do It
13. Mellow Down Pussy Cat
14. You Want Me To Want You Back
15. You Better Watch Your Back ~ Ain’t No Use In Crying Now
16. We Should Get Together

Track1~3は去年DJとして来日した際に大阪のFM局「FM802」に出演した際の音源。
すべてエドガーがギター1本のみで歌っている貴重な音源。
アルバム「The Masked Marauder」収録のTrack1は曲の良さが際立つ
ソロ・ヴァージョン。Track2、8、14はスタジオ録音の作品としては発表されていない新曲。
ライヴを見たファンの間ではすでに人気の「You Want Me To Want You Back」は
2ヴァージョン収録。Track6はウィリー・ディクソン、Track7はデューク・エリントンの
カヴァー、 「My Babe」エドガー本人はアート・ネヴィルのヴァージョンを参考にしているそう。
Track4~11はイギリスBBCの番組「Radio Merseyside」出演時の音源、
Track12~16は初来日時渋谷クラブクアトロでのライヴ音源からの収録。

引用元 http://www.windbell.info/

http://smashingmag.com/tour/06tr/061117edgar_hana1.html

http://smashingmag.com/tour/06tr/061114edgar_yuiko.html



画像




Edgar Jones Myspace

http://www.myspace.com/edgarjonesandthejoneses

The Stairs...!!!! Young Edgar's Shout

http://www.youtube.com/watch?v=ZlBeSlDLxlA&feature=related

Edgar 'Jones' Jones and the Joneses - 'The Way It Is'

http://www.youtube.com/watch?v=AP3OsN7WftE&feature=related

-----------------------------------------------------------------------------------------------

Cats Berry Records Information 2008

★次回イベント、「SONG FOR A FRIEND vol.7」
水面下交渉中。出演者、日時、会場等、追って掲載致します。

★05/25(水)、The Seaside Eyeline、
一世くんの企画イベントに出演予定。
詳細未定。ivent time 19-00-22:00(予定)
料金:未定 会場: 渋谷 Bar 特異点
http://www.morn.jp/tokui10_main.php



画像


---------------------------------------------------------------------------------------------

昨晩は仕事後、六本木ウェンディーズにて同僚たちと軽く晩飯。
宝石アクセサリー、油絵、広告デザイン、音楽と、みんな畑が違う
人種ながら、モノを作る話をあーでもないこーでもないと話していたら、
いつの間にか、相対性理論の話にまで行き着く。最終的に、「力(パワー)」が
先にあったのか、「時間」が先にあったのか?というデッカい問いに
それぞれ頭を悩ませ、店の営業時間終了。モノ作り人間は、やはり謎に熱い。



画像

この記事へのコメント

2008年04月07日 12:03
クアトロのエドガー、僕も行きました。
宮田くんらしき人を見かけたけどねー(ハンチングかぶってたかな?)
T氏の計らいで写真を撮らせてもらったので、近々発表します。
いろいろ思うところあったので、自分のブログにでも書こうかと思います。
miyata
2008年04月07日 22:34
あの日、やっぱいらっしゃってたんですね~(笑)。
完全にそれは僕です(笑)。みんな今頃になって、
エドガーは良い良いとか騒いでるけど、個人的には、
The Stairsの時から、彼がやらんとしている事、彼の
音楽の理想像は、既に最強だったとは思ってるんですよ。
やっと時代が、リスナーが追いついて来たのではないか
とも想像します。実はモノ凄く90's以降の感性な気が。
と。ずっと芯を貫いて試行錯誤して来たんだろうなあと。
それが今は、そよ風みたいに自然体で。何よりも自分が
一番楽しんじゃってる感が、余計に強くて良いなあ~と。
前回、んさんが撮っていた写真も素敵でした。愉しみです!

この記事へのトラックバック