アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
再渡印。ラダック、ザンスカールへの道程。15th March - 11th August 2014
再渡印。ラダック、ザンスカールへの道程。15th March - 11th August 2014 だから僕はいつも、完全な自由を探している。 最強の何かが眠りに就き、僕は跪く。 さあ行こう。ゴミ箱を掘り返して、そこらのものに新しい名前を付けながら。 Aztec Camera / Back On Board ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/12 02:38
すべての道は、原郷への道である。『SFF vol.14』後記 / Gary Snyder 朗読会
すべての道は、原郷への道である。『SFF vol.14』後記 / Gary Snyder 朗読会 私を詩に向かわせたのは、知的関心ではありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/23 18:04
言語の残響、驟雨の音律。-現代詩手帖2011年9月、選外佳作-
言語の残響、驟雨の音律。-現代詩手帖2011年9月、選外佳作- 自分自身に尋ねてごらんなさい、私は「書かなければならない」かと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/18 23:32
言語、旋律、営為の極相へ。(詩を写す、第七回。Gary Snyder)
言語、旋律、営為の極相へ。(詩を写す、第七回。Gary Snyder) これらの言葉を 君の精神の前に 割り石を敷くように 敷いてみたまえ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/23 18:37
抵抗と民衆の世紀を生き抜いた、大陸の歌。-Bob Dylan 来日公演 2010-
抵抗と民衆の世紀を生き抜いた、大陸の歌。-Bob Dylan 来日公演 2010- “紳士淑女の皆様方。ロックンロールの桂冠詩人に拍手を。” ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/10 00:11
徐に輪を描いて、散らばる砂が集まる。
徐に輪を描いて、散らばる砂が集まる。 いくつか、書こうと思っていた事を 溜めてしまいましたが。2月3日のペンギンハウスでの ブッキング・ライヴにお越し頂いた方々、 お誘い頂いたマスター、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/09 22:21
右肩上がりという名の、共同幻想の果てに。
右肩上がりという名の、共同幻想の果てに。 もう、僕らは気づいているのさ 吹き寄せる風の予感を受けて 旗のように取り巻かれて、海も騒ぎ出す 僕ら、大きな嵐の中にいる事を Kyonosuke Miyata / 予感 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/09/03 21:20
汕路歴程。吉野大峰奥駈〜熊野本宮〜橿原畝傍山。
汕路歴程。吉野大峰奥駈〜熊野本宮〜橿原畝傍山。 “露とくとく心みに浮世すすがばや” 松尾芭蕉 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/09 01:27
『The Gospel of Judas』、砂漠に埋もれたもうひとつの物語。
『The Gospel of Judas』、砂漠に埋もれたもうひとつの物語。 闇に覆われた時間の中で、僕はこんなことをずっと考えてきた。 イエス・キリストは、キスで裏切られたのだと。 でも僕は君に代わって考えることは出来ない。 君は自分で答えを見つけるしかない。 イスカリオテのユダにも、神がついていたのかどうか。 Bob Dylan / With God on Our Side ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/24 02:14
『笑い者 / Akihiro Mori』
『笑い者 / Akihiro Mori』 「人と人は分かり合えない。だから出来ることがある。」 数年ぶりに会った大切な友人が、別れ際に酔っぱらいながら陽気に言い放った言葉。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/05/08 00:22
Up to nine, sing again..! 『SFF vol.9 2009. Apr.26』
Up to nine, sing again..! 『SFF vol.9 2009. Apr.26』 憧れてたこと叶っていくような 信じられること続いていくような ありふれてたこと変わっていくような 素敵すぎること起こっているような roly poly rag bear / lu-la (『hana』 より。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/19 21:10
頌春。「SONG FOR A FRIEND vol.9」へ向けて。
頌春。「SONG FOR A FRIEND vol.9」へ向けて。 明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/15 21:21
-Season's Greetings from Cats Berry-
-Season's Greetings from Cats Berry- 先日は、CLOURFIELD/art-bookshop & cafeのクリスマス会に 行きました。外では冷たい雨の降る夜でしたが、熱い音楽談義に楽しい一夜でした。 お誘い頂き、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/25 23:46
『Into The Wild』 Christopher McCandless 1968-1992
『Into The Wild』 Christopher McCandless 1968-1992 “道なき森に楽しみあり。孤独な岸に歓喜あり。 誰も邪魔せぬ世界は、深い海と波の音のそばに。  我、人間より自然を愛す。” -Byron卿, 1788-1824 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/12 23:05
Songs from Far West to Far East 「SFF vol.8」 Dec. 5
Songs from Far West to Far East 「SFF vol.8」 Dec. 5 東は東 西は西  このふたつは巡り会える 東は西 西は東 そうして結ばれる ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/01 17:37
海の砂は川を遡り、やがては大きな岩となる。
海の砂は川を遡り、やがては大きな岩となる。 苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である ストリンドベリイ (山本周五郎 『青べか物語』より) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/08/12 00:18
溢れろ僕の涙、僕の威厳のために。(詩を写す。第五回、小沢健二・後編)
溢れろ僕の涙、僕の威厳のために。(詩を写す。第五回、小沢健二・後編) 小沢健二 / その他 詩篇・散文 つづき ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/04 03:30
溢れろ僕の涙、僕の威厳のために。(詩を写す。第五回、小沢健二・前編)
溢れろ僕の涙、僕の威厳のために。(詩を写す。第五回、小沢健二・前編) ありとあらゆる種類の言葉を知って 何も言えなくなるなんてそんなバカなあやまちはしないのさ! 小沢健二 / ローラースケート・パーク ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/04 03:13
始めからそこに在った光。『Liam Hayes and Plush / Take A Chance』
始めからそこに在った光。『Liam Hayes and Plush / Take A Chance』 2008年、目下最大の期待の新譜と言えば。 個人的に、Plushこと、Liam Hayesの新作のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/28 00:03
「SONG FOR A FRIEND vol.7」、新規フライヤー、完成。
「SONG FOR A FRIEND vol.7」、新規フライヤー、完成。 今月20日(火)、開催予定。Cats Berry Records presents 「SONG FOR A FRIEND vol.7」の新規フライヤーが、完成致しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/06 00:04
身体と感情の音楽に戻る為の、幾つかの覚え書き。
身体と感情の音楽に戻る為の、幾つかの覚え書き。 「雅楽寮(うたまひのつかさ)うたまひつかうまつる / 日本書紀(持統訓)」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/22 23:54
初めに歌ありき。「SFF vol.6」に、Rachael Dadd、出演決定。
初めに歌ありき。「SFF vol.6」に、Rachael Dadd、出演決定。 Cats Berry、2008年初のイベントは、日&英・歌&詩 ダブル・ドッキングな宴。Bristol Female Folkie、 Rachael Daddの出演が決定致しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/02 02:01
“Next stop is shibuya.” 自動音声に支配された国の人々とある種の空気。
“Next stop is shibuya.” 自動音声に支配された国の人々とある種の空気。 「子供と昔話」34号を読む。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/20 17:15
小沢健二が今、見つめている“本当のこと”とは。
小沢健二が今、見つめている“本当のこと”とは。 1月10〜20日まで。大阪近美心斎橋展示室で開催される 映像展「ビデオ・ランデブー:映像の現在」展に、 エリザベス・コール&小沢健二によるドキュメンタリー映画が出展中との事。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2008/01/15 01:02
冬を越えゆく室内楽。「Ida / Lovers Players」
冬を越えゆく室内楽。「Ida / Lovers Players」 Idaの音楽は、Emily Dickinsonの詩のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/16 23:11
道は則ち高し、美し、約なり、近なり。 (詩を写す。第四回、吉田松陰)
道は則ち高し、美し、約なり、近なり。 (詩を写す。第四回、吉田松陰) Cats Berry、次回イベントに向け、水面下交渉開始。 現時点では、不確定要素が大きい為、詳細は追って報告致します。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/11/02 07:32
廃墟の街に、Urban Ramblin' Boyの雄叫びを聴く。
廃墟の街に、Urban Ramblin' Boyの雄叫びを聴く。 今 僕には光が見える、 君と一緒に 太陽が昇ってきた さあ立ち上がる時だ、出発する時だ the guitar plus me / i can see the light ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/26 15:46
私たちの現在(いま)、子供たちの未来(あす)。
私たちの現在(いま)、子供たちの未来(あす)。 音を立て崩れ行く世界から、目を逸らすな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/09 08:55
春の似合うひと。
春の似合うひと。 今週は、卒展搬入、受付番、卒業式、搬出と。京都漬け一週間。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/14 02:19
Enfant Terrible、刹那の芸術。
Enfant Terrible、刹那の芸術。 はい、さて皆さん、お久し鰤(ぶり)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/24 04:29
警鐘を鳴らせ。環境倫理と私たち。
警鐘を鳴らせ。環境倫理と私たち。 論文シリーズ、第2回。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/08 12:22
イタリア見聞録、第一回。(11/27、成田〜Шереметьево〜Roma)
イタリア見聞録、第一回。(11/27、成田〜Шереметьево〜Roma) 羅馬(ロオマ)に往きしことある人はピアツツア・バルベリイニを知りたるべし。 こは貝殻持てるトリイトンの神の像に造り做したる、美しき噴井ある、 大なる廣こうぢの名なり。貝殻よりは水湧き出でてその高さ數尺に及べり。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/17 03:43
緯度を変え、新しき草原を求めよ。
緯度を変え、新しき草原を求めよ。 ソローは、読むたびに新しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/01 03:16
偉大なる旅人。
偉大なる旅人。 いきなり、熱出ました。バタンキュウです。 こんな鮮やかにカレンダー通り、秋の気候になるとは〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/04 16:21
盛夏。
盛夏。 最近、庭に出ると正体不明の蔓草がどんどん 生長していて、見るたびにその進化に驚く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/18 14:40
あの頃も今も変わらず。
あの頃も今も変わらず。 明日からまた数日、学生に戻ります。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/12 04:43
問題のすり替えとごまかし。
問題のすり替えとごまかし。 小沢俊夫責任編集、「子どもと昔話」最新号(2006/夏)を読む。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2006/08/01 05:00
並行世界(パラレル・ユニヴァース)への上陸。
並行世界(パラレル・ユニヴァース)への上陸。 ようやく、「ボブ・ディラン自伝」(chronicles volume one) を読み終えて。詩のようなもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/08 03:17
Sleepers Awake! (眠れる人、目覚めよ)
Sleepers Awake! (眠れる人、目覚めよ) 小沢健二の連載小説「うさぎ!」の第一話が、WEB上で公開されているのを見つけました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/11 00:30
生きるための歌。たたかう音楽。
生きるための歌。たたかう音楽。 詩がリズムのあることばなら、歌はメロディーのある詩だ。と、高橋悠治は言う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/23 00:41
詩を写す。(第一回、中原中也)
詩を写す。(第一回、中原中也) 「いのちの声」 中原中也 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/03 14:26
7歳から77歳の若者たちへ。
7歳から77歳の若者たちへ。 とうとう風邪をこじらせました。 こんな日に限って録音を強行したら。 やっぱり、ググ〜ン!と熱上がってました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/02/13 22:48
BEATは今世紀も継続。「路上」、映画化。
BEATは今世紀も継続。「路上」、映画化。 や!ば!い!ジャック・ケルアックの「路上」が映画化だ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/29 02:25
狂い続ける世界で。小沢健二が放つ現代のおとぎ話。
狂い続ける世界で。小沢健二が放つ現代のおとぎ話。 突如の新作発表で話題になっている、小沢健二。「子どもと昔話を愛する人たちの季刊誌」、 「子どもと昔話」25号(2005年秋号)から、童話風新連載、「うさぎ!」を上梓しています。 今日、ようやく25号だけ、手に入れて読んでみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/20 01:33

トップへ | みんなの「本」ブログ

Cats Berry Records Blog 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる