アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「音楽」のブログ記事

みんなの「音楽」ブログ

タイトル 日 時
Facebookからのダイジェスト集、vol.5(2017/01-04)
Facebookからのダイジェスト集、vol.5(2017/01-04) Facebookからのダイジェスト集、vol.5(2017/01-04) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/19 23:22
Facebookからのダイジェスト集、vol.2(2016/03-07)
Facebookからのダイジェスト集、vol.2(2016/03-07) Facebookからのダイジェスト集、vol.2(2016/03-07) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/04/19 21:25
新旧作詩掲載報告 / 「毎日被爆しながら」「鉱山で」「新しい日々」
新旧作詩掲載報告 / 「毎日被爆しながら」「鉱山で」「新しい日々」 何者かの投げた 寳石が 絃琴にあたり 古の歌となる 西脇順三郎 / 旅人かへらず 一二八 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2015/07/29 16:28
再渡印。ラダック、ザンスカールへの道程。15th March - 11th August 2014
再渡印。ラダック、ザンスカールへの道程。15th March - 11th August 2014 だから僕はいつも、完全な自由を探している。 最強の何かが眠りに就き、僕は跪く。 さあ行こう。ゴミ箱を掘り返して、そこらのものに新しい名前を付けながら。 Aztec Camera / Back On Board ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/05/12 02:38
放浪詩掲載、ことばの断片 Fragments: #81 / 断章集(後編)。
放浪詩掲載、ことばの断片 Fragments: #81 / 断章集(後編)。 もう眠るな心よ 迷妄の暗黒にいつまで眠っているのか お前は誰で なぜこの世に来たのか 真実の自分を忘れているね ラーマクリシュナ 1836-1886 / 不滅の言葉 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/27 00:21
『図書館員による、ネパール、インド彷徨写真展示』のお知らせ、他。
『図書館員による、ネパール、インド彷徨写真展示』のお知らせ、他。 日記の合間に、少しお知らせです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/23 00:34
都市よ、さらば。CBR直販業務、一時休止とその他諸々、近況事項。
都市よ、さらば。CBR直販業務、一時休止とその他諸々、近況事項。 まだ見ぬものは、僕ら胸の裡、深く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/20 05:53
「互解」。常識をさえ更新して行く、「私見」の集合体。
「互解」。常識をさえ更新して行く、「私見」の集合体。 ここ連日、半年分の山岳装備リストとにらめっこしながら、 アレがないコレがないとやっている日々です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/11 13:07
『SONG FOR A FRIEND vol.15』という名の歌と光と時と。
『SONG FOR A FRIEND vol.15』という名の歌と光と時と。 3/25の『SFF vol.15』にお越し頂いた皆様、 ご出演頂いた皆様、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/28 00:04
2012年3月11日、14時46分リリース。『PLAY FOR JAPAN 2012』参加。
2012年3月11日、14時46分リリース。『PLAY FOR JAPAN 2012』参加。 絶望的な荒涼たる風景を何度も見て、地下世界を巡らないといけない。 自分の言葉を粉々に打ち砕き、全く別の声を出す。 吉増剛造 -震災後 詩を信じる、疑う ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/08 19:20
"SONG FOR A FRIEND vol.15" 2012/03/25、出演者詳細。【追記有】
"SONG FOR A FRIEND vol.15" 2012/03/25、出演者詳細。【追記有】 いつか僕の中にあるものを、 空にかえす時が来るだろう。 穂高亜希子 / いつか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/29 23:48
小沢健二 展覧会 『我ら、時』〜展覧会とポップ・アップ・ショップ〜
小沢健二 展覧会 『我ら、時』〜展覧会とポップ・アップ・ショップ〜 市街を抜ける道から砂漠へ 風が飛ばす砂と歌声 天幕の下眠る我ら 心臓の底の記憶は起きる -小沢健二 / 時間軸を曲げて ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2012/01/23 23:11
CBR 2011を振り返る。Next Live "SFF vol.15" 2012/03/25
CBR 2011を振り返る。Next Live "SFF vol.15" 2012/03/25 空気は何処にでもあり、人生は変えられる。 Gregory Corso 1930-2001 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/12/31 01:39
『東京の街が奏でる 小沢健二コンサート 二〇一二年三月、四月』
『東京の街が奏でる 小沢健二コンサート  二〇一二年三月、四月』 僕らは、歴史の中に生きている。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2011/12/04 16:09
すべての道は、原郷への道である。『SFF vol.14』後記 / Gary Snyder 朗読会
すべての道は、原郷への道である。『SFF vol.14』後記 / Gary Snyder 朗読会 私を詩に向かわせたのは、知的関心ではありません。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/11/23 18:04
『SFF vol.14』10/29 (sat)、フライヤー掲載。【日々の詩、追記】
『SFF vol.14』10/29 (sat)、フライヤー掲載。【日々の詩、追記】 やりなさい。あなたの神秘的なバラッドをはためかせなさい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/10/16 00:41
言語の残響、驟雨の音律。-現代詩手帖2011年9月、選外佳作-
言語の残響、驟雨の音律。-現代詩手帖2011年9月、選外佳作- 自分自身に尋ねてごらんなさい、私は「書かなければならない」かと。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/09/18 23:32
幾時の後にか蘇る言葉は。『SFF vol.13』、後記。
幾時の後にか蘇る言葉は。『SFF vol.13』、後記。 昨日は、雨の中『SFF vol.13』にお越し頂いたお客様、 ご出演頂いた方々、お世話になりました 谷中ボッサの増田さんご夫妻、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/22 22:51
静かな夢が育んだ、寄る辺のない道標。『SFF vol.13』 まもなく開催。8/21 (Sun)
静かな夢が育んだ、寄る辺のない道標。『SFF vol.13』 まもなく開催。8/21 (Sun) 昨夜、南アルプスから帰って来ました。 一泊二日で、北岳(3,192m)〜間ノ岳(3,189m)縦走。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/08/15 18:20
"SFF vol.13" 8/21 (Sun) 2011 -開催に併せ、機関誌発刊- 【追記有】
"SFF vol.13" 8/21 (Sun) 2011 -開催に併せ、機関誌発刊- 【追記有】 実体とは、束の間の光景、閃光のような 一瞬の出会いである。それは、とても小さな実体である。     ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/06/26 00:27
過ぎ来し岸に、歌人憩いて。『SFF vol.13 2011. Summer』、開催決定。
過ぎ来し岸に、歌人憩いて。『SFF vol.13 2011. Summer』、開催決定。 新たな詩人よ 雲から光から嵐から 透明なエネルギーを得て 人と地球によるべき形を暗示せよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/05/22 02:28
生きていることを見ているよ。『海は何処へ行った』後記、他。
生きていることを見ているよ。『海は何処へ行った』後記、他。 生きていることを見ているよ だって君が死んだから ぼくは生きていることを見ているよ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/03/21 21:05
ある流域における現況報告。New Year Live Information 2011【追記有】
ある流域における現況報告。New Year Live Information 2011【追記有】 砂に刻みこまれた記憶の中で また、僕らは出会うだろうか そして裸のまま 海から上がってくるだろうか ...続きを見る

トラックバック / コメント

2011/01/13 23:22
幾年月の歌を集めて。『SFF vol.12』後記、他。2010年の大晦日に。
幾年月の歌を集めて。『SFF vol.12』後記、他。2010年の大晦日に。 闇夜に光る獣のように 炎の中で、あなたが笑う Kyonosuke Miyata / 言祝ぎの歌 - Song Circle ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/12/31 17:07
音と歌の生態を辿る旅。12/11『SONG FOR A FRIEND vol.12』
音と歌の生態を辿る旅。12/11『SONG FOR A FRIEND vol.12』 エネルギーの流れが始まった原始の時、 言語はまさしく「種子(根源)の語」であった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/23 19:23
西と東の想い尽き果てぬ島で。Bridget St. John 来日 2010 with 林拓
西と東の想い尽き果てぬ島で。Bridget St. John 来日 2010 with 林拓 いつも同じ 鞠つきのリズムだ この何年もの間 ずうっと少女が 歌っていたのは。Gary Snyder / 西洋へ『奥の国』より ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/11/08 00:26
色彩の微睡みに隠された、秘密の構図。『SFF vol.12』、開催決定。
色彩の微睡みに隠された、秘密の構図。『SFF vol.12』、開催決定。 沖で歳を重ねた船乗りのように 刻まれた月日が疑いを越えて行くのか Kyonosuke Miyata / 徴し - Zodiac ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/30 19:25
『Petracovich / Crepusculo』-10/20 out from fennely-
『Petracovich / Crepusculo』-10/20 out from fennely- 人間は、憎悪し拒絶するものの為には苦しまない。 本当の苦しみは愛するものからやって来る。小林秀雄 / ランボー III ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/10/09 21:28
CBR BBS ver.2 開設 & Next Live October 23rd (Wed)
CBR BBS ver.2 開設 & Next Live October 23rd (Wed) 北アルプス穂高連峰 奥穂高岳〜前穂高岳縦走 2010年08月21-22日 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/09/12 15:11
ファンジン、ライナー、四コマ漫画。音楽を対話させる幾つかの試み。
ファンジン、ライナー、四コマ漫画。音楽を対話させる幾つかの試み。 実をとりて、胸にあつれば 新なり、流離の憂。 - 椰子の実 / 島崎藤村 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/08/14 18:44
交差する斜光を背に歌う夏。『うたのしたいようにする』at 横浜白楽
交差する斜光を背に歌う夏。『うたのしたいようにする』at 横浜白楽 七月の夜のように 私たちの願いを 火花吹くそよ風の 輪舞(ロンド)に仕上げよう Kyonosuke Miyata / 波と港町 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/25 22:30
歌の力を信じて行く。『Song For A Friend vol.11』後記、他。
歌の力を信じて行く。『Song For A Friend vol.11』後記、他。 久方ぶりの更新です。もう夏ですね。ということで、 一昨日は早速、西新宿思い出横丁にて、友人と登山ミーティング。 今夏は日本第三位、奥穂高岳に挑む予定。で、気合いだけでも入れて行きたい今日この頃。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/07/11 16:12
『我の心はともにあると』小沢健二 / 二零一零年六月六日 於 神戸
『我の心はともにあると』小沢健二 / 二零一零年六月六日 於 神戸 『ありがとうという言葉で失われしものに誓うよ 磯に波打つ潮よりも濃く我の心はともにあると』小沢健二 / 時間軸を曲げて ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/06/27 03:42
『SFFvol.11』出演者確定。委託販売店舗、追記。
『SFFvol.11』出演者確定。委託販売店舗、追記。 "When you hear music, after it's over, it's gone in the air. You never capture it again. " -音楽は宙へ消え行き、二度と掴めやしない。- Eric Dolphy ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/05/24 01:24
実在の影を。今、旋律に還す。『SFF vol.11』 6/16 開催決定。
実在の影を。今、旋律に還す。『SFF vol.11』 6/16 開催決定。 タイトルは、新曲『還る』の一節から。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/30 22:41
抵抗と民衆の世紀を生き抜いた、大陸の歌。-Bob Dylan 来日公演 2010-
抵抗と民衆の世紀を生き抜いた、大陸の歌。-Bob Dylan 来日公演 2010- “紳士淑女の皆様方。ロックンロールの桂冠詩人に拍手を。” ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/04/10 00:11
CBR Information 〜京都・大阪での委託販売のお知らせ〜
CBR Information 〜京都・大阪での委託販売のお知らせ〜 CBR、京都・大阪でも 『Dazzle Of Lights』委託販売を開始しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/03/06 02:15
“来るべき音楽のために”『地域』 〜反照と交信の狭間に光るもの。
“来るべき音楽のために”『地域』 〜反照と交信の狭間に光るもの。 “地域とはなにか 地域とはある運動性の中の きわめて鮮明なドキュメントであり そのプロセスの細部に焦点を絞った問題の提示である。 ある不可視的な世界を可視的な領域へと反照させ 版図を広げていくものである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/23 04:08
徐に輪を描いて、散らばる砂が集まる。
徐に輪を描いて、散らばる砂が集まる。 いくつか、書こうと思っていた事を 溜めてしまいましたが。2月3日のペンギンハウスでの ブッキング・ライヴにお越し頂いた方々、 お誘い頂いたマスター、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2010/02/09 22:21
Next Live February 3rd (Wed) & February 13th (Sat)
Next Live February 3rd (Wed) & February 13th (Sat) 次回、次々回のライヴのお知らせです。 2月3日は、ペンギンハウスのマスターに誘って頂きました。 松下慶太さんも出演ですよ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2010/01/20 00:09
I Live My Broken Dreams. -Goodbye 2009 from CBR-
I Live My Broken Dreams. -Goodbye 2009 from CBR- なんだかんだで、2009年も本日最終日と言う事で。 『Cats Berry Recordsとして、今年何が出来たか。』 という点に絞って書いてみます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/31 17:40
『SFF vol.10』後記。Cats Berry Records、委託販売業務再開【追記】。
『SFF vol.10』後記。Cats Berry Records、委託販売業務再開【追記】。 遅くなってしまいましたが、今月11日に行いました、 Cats Berry Records presents『SONG FOR A FRIEND vol.10』にお越し頂きました皆様、 ご出演頂きました方々、師走の冷たい雨の中を、本当にありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/12/24 03:05
『SFFvol.10』出演者確定。"Cats Berry Records Store" 新設。
『SFFvol.10』出演者確定。"Cats Berry Records Store" 新設。 12月11日(金)開催、Cats Berry Records presents 『SONG FOR A FRIEND vol.10』の出演者が確定致しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/12/02 07:47
『Kyonosuke Miyata / Dazzle Of Lights』2nd LP、発売開始。
『Kyonosuke Miyata / Dazzle Of Lights』2nd LP、発売開始。 大変長らく、お待たせを致しました。 『Kyonosuke Miyata / Dazzle Of Lights』2nd LP、 本日より配信販売を開始致しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/21 01:49
『Goin Back Home International』参加コンピ収録楽曲、詳細。
『Goin Back Home International』参加コンピ収録楽曲、詳細。 さて。アルバム制作もいよいよ佳境。もうすぐ出します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/07 22:30
僕もあなたもあの人も。新しい何かを。
僕もあなたもあの人も。新しい何かを。 今回は、いくつかの告知のお知らせです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/10/15 00:17
Creamy Rock 'n Soul Fantasy.『Plush / Bright Penny』
Creamy Rock 'n Soul Fantasy.『Plush / Bright Penny』 やっと出た…!Plushこと、Liam Hayesの最新作を聴いた。 昨年一年中、ずっと待って。出ないなあ?と思ってたんだけど。やっとだね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/20 01:22
『Prefab Sprout Let's Change The World With Music』
『Prefab Sprout Let's Change The World With Music』 晩夏のCats Berry Studioは、エアコンOFF!目下アルバム、鋭意制作中。 夏の録音作業は、心身共に熱く(暑く)なれるので、是非ともお薦めです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/08/24 01:47
『The Gospel of Judas』、砂漠に埋もれたもうひとつの物語。
『The Gospel of Judas』、砂漠に埋もれたもうひとつの物語。 闇に覆われた時間の中で、僕はこんなことをずっと考えてきた。 イエス・キリストは、キスで裏切られたのだと。 でも僕は君に代わって考えることは出来ない。 君は自分で答えを見つけるしかない。 イスカリオテのユダにも、神がついていたのかどうか。 Bob Dylan / With God on Our Side ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/24 02:14
星座から遠く離れていって、景色が変わらなくなるなら。
星座から遠く離れていって、景色が変わらなくなるなら。 これは小さな、遠い世界からのプレゼントで、 我々の音、科学、画像、音楽、考え、感じ方を表したものです。 我々は今の時代を生き延びようとしています。我々はあなた方の中にいるかもしれません。 Jimmy Carter / Voyager Golden Record 1977 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2009/06/30 02:45
太陽を追いかけたら、月がやって来た。ほかの町からね。
今日は、中村まりさんのニュー・アルバムを聴いている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/06/10 23:56
米国ボルチモアより、コンピ・アルバム参加の打診要請。
天然には永久の希望あり、壊敗はこれをただ人のあいだにおいてのみ見る。 -Johann Christoph Friedrich von Schiller (内村鑑三 / デンマルク国の話より) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/25 01:00
無常を突き抜けて、不滅の夜に。『SFFvol.9』、後記。
ライヴ後、ようやくの休みにつき(笑)。『SFFvol.9』後記、行きたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/05/01 19:49
新規フライヤー、掲載。"SONG FOR A FRIEND vol.9 26.Apr.2009"
Cats Berry Records presents "SONG FOR A FRIEND vol.9" 新規フライヤーの郵送、配布を開始致しました。こちらにも掲載致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/04/17 15:57
Kyonosuke Miyata 2nd Full Album Coming Spring 2009
前項に引き続き、Cats Berry Records Catalogの iTunes Storeでの試行販売がスタート致しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/29 17:47
Cats Berry Records、販売業務一部再開。
『Kyonosuke Miyata / The Lost Cowboy』以降、 長い間、販売業務を停止していたCats Berry Recordsですが。 ネット上の楽曲販売試行に伴い、業務を一部再開致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/11 23:11
Next Live "Blue-J-Three presents 海音 vol.7" March.7
急遽、出演させて頂くことになった、ライヴ・イベントのお知らせです。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/23 23:50
Up to nine, sing again..! 『SFF vol.9 2009. Apr.26』
憧れてたこと叶っていくような 信じられること続いていくような ありふれてたこと変わっていくような 素敵すぎること起こっているような roly poly rag bear / lu-la (『hana』 より。) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/02/19 21:10
野を越え、丘を越え。僕ら、汽笛の音に耳澄ます。
今日は日本橋にて、Cats Berry×Sugarless Factory会合。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/11 23:19
Roddy Frame、自費出版詩集刊行。『Roddy Frame / The Lyrics』
“衛星都市が若者を動揺させた 僕は揺るぎない真実を夢みていた 心から信じることができて 自分をつらぬける何かを” ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/31 23:54
頌春。「SONG FOR A FRIEND vol.9」へ向けて。
明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/01/15 21:21
Cats Berry Records、2008年を振り返る。
さて、今年ももうすぐ終わり。 Cats Berryの2008年を、一旦巻き戻し。 早送り再生で振り返ります。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/31 19:13
-Season's Greetings from Cats Berry-
先日は、CLOURFIELD/art-bookshop & cafeのクリスマス会に 行きました。外では冷たい雨の降る夜でしたが、熱い音楽談義に楽しい一夜でした。 お誘い頂き、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/12/25 23:46
旅は続く。SONG FOR A FRIEND vol.8、後記。
12月5日は、Cats Berry Records presents 「SONG FOR A FRIEND vol.8」に お越し頂いた皆様方、ご出演頂いた、川手さん、Will、Rachael、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2008/12/07 02:20
"SONG FOR A FRIEND vol.8 05.Dec.2008" 新規フライヤー、完成。
Cats Berry Records presents "SONG FOR A FRIEND vol.8" 新規フライヤーを掲載、改めて告知致します。以後、郵送、配布開始です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/19 23:46
He is going! From the UK, through Russia to Japan.
秋が少しずつ深まって来ましたね。僕は早速。今月、一発風邪をやりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/08 01:45
なびく黒煙、手を振る人たち。流れの岸辺に、鳴る汽笛。
あなた一筋煙もなびく 恋の始発の宿場町 日切地蔵さんに願いをかけて 一路川根路 汽車の旅 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/10/27 02:03
Songs from Far West to Far East 「SFF vol.8」 Dec. 5
東は東 西は西  このふたつは巡り会える 東は西 西は東 そうして結ばれる ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/10/01 17:37
人間になるまでのカウントダウン。『Annette Messager The Messengers』
「私たちもピノキオと同様、操り人形だと思います。」 -Annette Messager ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/09/17 17:45
『Pedro Costa / En avant jeunesse : Colossal Youth』
「彼は、あまりにも自由を愛しすぎたために、 流刑者として死んだのだ。」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/07/18 01:28
溢れろ僕の涙、僕の威厳のために。(詩を写す。第五回、小沢健二・後編)
小沢健二 / その他 詩篇・散文 つづき ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/04 03:30
溢れろ僕の涙、僕の威厳のために。(詩を写す。第五回、小沢健二・前編)
ありとあらゆる種類の言葉を知って 何も言えなくなるなんてそんなバカなあやまちはしないのさ! 小沢健二 / ローラースケート・パーク ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2008/07/04 03:13
始めからそこに在った光。『Liam Hayes and Plush / Take A Chance』
2008年、目下最大の期待の新譜と言えば。 個人的に、Plushこと、Liam Hayesの新作のことである。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/06/28 00:03
若竹と。露の紫陽花。揺れる君。
入梅の候、近況徒然。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/14 00:17
生きてく過程で、生み落とされる音楽。SONG FOR A FRIEND vol.7、後記。
20日は、Cats Berry Records presents SONG FOR A FRIEND vol.7に、ご参加頂いた皆様方。 どうもありがとうございました。個人的にも主宰イベントとしては、 最高の充実感と愉しさのうちに、無事閉幕とさせて頂くことが出来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/05/28 00:44
「SONG FOR A FRIEND vol.7」 〜イベント冒頭、上映作品のご案内〜
Cats Berry Records presents 「SONG FOR A FRIEND vol.7」、 いよいよ今週火曜日(5月20日)、江古田 Cafe Flying Teapotにて開催です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/18 16:52
「SONG FOR A FRIEND vol.7」、新規フライヤー、完成。
今月20日(火)、開催予定。Cats Berry Records presents 「SONG FOR A FRIEND vol.7」の新規フライヤーが、完成致しました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/06 00:04
身体と感情の音楽に戻る為の、幾つかの覚え書き。
「雅楽寮(うたまひのつかさ)うたまひつかうまつる / 日本書紀(持統訓)」 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/22 23:54
The Pale Fountains 25th Anniversary Reunion Gigs
「無力感とジレンマが、僕に曲を書かせる。」 The Pale Fountains / Michael Head ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/16 23:31
五月の航路予想図。「SONG FOR A FRIEND vol.7」 08' 05/20 (tue)
「Setz Die Segel Zur Sonne (太陽に向かって帆を上げよ)」 Karlheinz Stockhausen ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/04/11 00:18
Revisionist of British Soul Beat. Edgar Jones 08'
先週は、Edgar Jonesの再来日公演へ。土砂降りのシャウトを浴びる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/06 15:23
友に歌は届いたか。「SONG FOR A FRIEND vol.6」、後記。
“ありのまますべてそのまま歌う夜未だ見ぬ友に捧ぐ歌だけ” 辻井竜一 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/30 01:21
Joy Divisionと云う名の、最期の抵抗。『Ian Curtis / Control』
Joy Divisionが大好きだった。 だから久々にIan Curtisに会いに行きたいと思った。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/23 23:58
Cats Berry、New オリジナル缶バッジ、本日納品。
吾輩は猫である。名前はまだ無い。 どこで生れたかとんと見当がつかぬ。-夏目漱石 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/08 00:50
運命を祝福せよ。『Gypsy Caravan / When the Road Bends...』
ロマ / ジプシー - 西暦1000年頃、インドのパンジャブ地方から放浪の旅に出て、 北部アフリカ、ヨーロッパ等へと辿り着いた。旅に出た理由は分かっていない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/28 01:36
"SONG FOR A FRIEND vol.6"、フライヤー増刷中。
配布、郵送始めておきながら順序が逆ですが。 フライヤーの裏面も出来ました。(Printed in the 猫実印刷所) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/20 23:49
逃亡者…そして機関車! 『tgpm / 最新の6弦振動工学 研究発表会』
星明り、衛星、美しい夜 木々の間からのそよ風を感じる 僕は詩を盗む the guitar plus me / fly by night ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/17 22:10
衝動と激情への矜持。-The Kids 70's Original Punk Rockers-
“芸術を志向する者に年令はない。あるのは若々しい精神と、 逞しく成長しようとする激しい願望から生れる努力とさわやかな確信である。” 「高柳昌行 / 汎音楽論集」 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2008/02/13 22:36
初めに歌ありき。「SFF vol.6」に、Rachael Dadd、出演決定。
Cats Berry、2008年初のイベントは、日&英・歌&詩 ダブル・ドッキングな宴。Bristol Female Folkie、 Rachael Daddの出演が決定致しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/02/02 02:01
美しく自生する音楽。川手直人とRachael Dadd。
今晩、Rachael Daddの来日ツアー、 Plum Blossoms Tourがキック・オフ。 西荻窪の小さなギャラリー、「Fall」へ観に行きました。 この日はツアー前哨戦とも言える、川手直人さんとの数曲コラボ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2008/01/27 02:05
Plum Blossoms Tour Rachael Dadd live in Japan 08'
昨年、7月のブログ、「Female folkies exceed our vision...!」 の項にて紹介した、ブリストルのSSW、Rachael Daddが現在、来日滞在中。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/22 20:38
別の肉になるまで。「SFF vol.6」出演者、続報その二。
「SONG FOR A FRIEND vol.6」出演者、続々報です。 会場、日取等、確定次第改めて告知致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/18 00:18
小沢健二が今、見つめている“本当のこと”とは。
1月10〜20日まで。大阪近美心斎橋展示室で開催される 映像展「ビデオ・ランデブー:映像の現在」展に、 エリザベス・コール&小沢健二によるドキュメンタリー映画が出展中との事。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2008/01/15 01:02
Punk Rocker 歌人。「SONG FOR A FRIEND vol.6」出演者、続報。
“さあやれよ何してんだよなあやれよいいからやれよ生きてんのかよ” 辻井竜一 / 「かばん」11月号掲載分短歌より。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/01/13 22:57
猫力再臨。American Soul Diva Songs To Bobby.
「『自分が何を失っているか』ってことは考えないわ。むしろ、 『自分が今、何を掴み損ねてるか』ってことばっかり考えてる。」 -Chan Marshal ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/08 23:38
さようなら、2007。暖簾下げ越しの挨拶。
「ご〜ん」と鳴る日の、ちと手前。 今年はこれにて、"Cats Berry 2007"の暖簾を下げさせて頂きます。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/31 15:24
冬を越えゆく室内楽。「Ida / Lovers Players」
Idaの音楽は、Emily Dickinsonの詩のようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/12/16 23:11
We are always looking for fantastic something.
Cats Berry、2007年仕事納め(たぶん)は、 「Young Katsubenshi Cat」の最終話用コラボ音源。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/05 22:37
International Velvets Children -Vanessa & The O's-
18日は、ストレンジ・デイズ、Oくんの計らいで、 "STRANGE DAYS 100TH ANNIVERSARY PARTY" を観に、川崎のClub Citta'へ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/19 23:11
Cats Berry Studioから、こんにちは。
立冬越えて、雨降って。夜は冷えて来ましたが、 晴れた日の昼下がりは、まだまだ暖かいですね〜。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/13 15:53
脈打つビート、信じるように。「SONG FOR A FRIEND vol.6」 開催決定。
Cats Berry、次回イベント続報です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/11/11 01:38
Birth of the Songs -Roddy Frame's 3 demo tracks-
Roddy Frameが、『真理の囁きに』を MySpace上で吃驚公開してくれてから、早1年。 最近、Roddyはどうしているのかしらと、彼の公式HPを 久々見てみたら。何気にこんな音源が公開されていました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/05 02:16
廃墟の街に、Urban Ramblin' Boyの雄叫びを聴く。
今 僕には光が見える、 君と一緒に 太陽が昇ってきた さあ立ち上がる時だ、出発する時だ the guitar plus me / i can see the light ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/26 15:46
真実にふたつの面影。音楽会 迷信の音楽 -superstition #5- 07.10.21
[迷信]迷妄と考えられる信仰。 また、道理にあわない言い伝えなどを頑固に信ずること。 その判定の標準は常に相対的で、通常、現代人の理性的判断から見て 不合理と考えられるものについていう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/23 23:27
シャントゥーズ・レアリストの生きた夢。『Edith Piaf / La Vie en rose』
今日は機会があって、Edith Piafの生涯を追った映画、『La Vie en rose』を観る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/15 04:20
Next Live in 春日部 & Next Screening in 甲府。 (詳細追記)
Cats Berry、今秋の動向。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/11 03:08
ボブ・ディランなんて知らない。「友部正人35周年記念・35曲ライヴ」
ボブ・ディランなんて知らない。知っているのは音楽好きの若いアメリカ人。 僕はその若さだけ信じてた。僕はただ、その若さだけ信じてる。-友部正人 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/10/01 17:41
地上波への楽曲提供。
夏が過ぎて、秋が来て。 Cats Berryは、夏休みモードから秋休みモードへ突入です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/24 23:21
Pierre Barouh "Carnet de Boad" 航海日誌
歌を嫌いな人もいれば、流行だから好きという人もいる。 金儲けのために歌を利用する人もいる。私は歌が好きだ。 だから世界を駆け巡り深い歌を探し当てるんだ。 -Pierre Barouh ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/09/18 02:00
Lili Marleen was sung in Suidobashi.
詩は刺である。 高田渡 / 個人的理由 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/09/03 00:12
古きを新しく。小倉城下町と門司港レトロ。
夏の終わりに、書く事を溜めると。 なんか夏休みの宿題みたいだね。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/30 12:22
Sugarless Factory × Cats Berry in 北九州。
切実な願いが吾れに一つあり 争いのなき国と国なれ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/20 09:19
光に集う虫たちと。歌に集まる僕らと。
『YUMMY SONG, BRILLIANT MELODY』、終了報告。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/05 23:26
目をあけて夢みる者たち。(詩を写す。第三回、Pierre Barouh)
『Ca va, ca vient / Ceux qui revent les yeux ouverts』 より。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/08/02 14:03
くそったれ参院選と日本の政治家。
参院選の結果、出ましたね。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 11

2007/07/31 10:05
Female folkies exceed our vision...!
これは久々にキたぞ。最近MySpaceでリクエストをくれたブリストルのSSW、 Wig Smithが教えてくれた、Karen Daltonの未発表ライヴ音源2枚組が来月。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/23 10:37
その過ちの下で、僕らは生きて死ぬだろう。イタリア見聞録、第六回。
未熟な葡萄、熟した葡萄、干し葡萄 すべて変化である。それは存在しなくなるためでなく、 現存しないものへの変化である。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/17 01:07
卒業制作展を振り返り。
今年3月に行われた、自分らの大学卒展がようやく。 サイト上で公開になったようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/07/06 00:49
文月の夏夜にぽっかり歌の虹。
先日は、「SONG FOR A FRIEND vol.5」へご来場の皆様、 出演者の皆様、どうもありがとうございました。お疲れさまでした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/05 00:07
MySpace, 新規録音全曲更新(新曲含む)。
MySpaceの公開楽曲を更新しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/07/01 02:07
Next Summer Ivents, New Flyers.
今夏ライヴ・イベントの新規フライヤーを掲載します。 どうぞよろしくお願い致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/25 08:29
Life is Passing Show. Ronnie Lane, ModsとRockが恋した男。
なんとか、上映中に観に行くことが出来た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/16 10:41
CATS BERRY RECORDS INFORMATION (Next Summer Live)
夏のライヴ・イベント、続報です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/06/03 23:37
渇望への逃走。Prefab Sprout / Steve McQueen。
先日ようやく、Prefab Sprout / Steve McQueenの デラックス・エディションを手に入れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/06/02 19:12
MySpaceの開設。
13日のライヴへお越しの皆様、どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 4

2007/05/15 02:48
Next Live 07.05.13 (Sun) at Penguin House Koenji
次回のライヴは、5月13日(日曜)、高円寺ペンギンハウスです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/05/04 13:43
本日の録りたて at Cats Berry Studio。
ハイ、今日はCats Berry Studioにて、 松下慶太さんと山下貴之くん(ゆりのき楽団)が録音。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/26 01:37
音楽会 神話の音楽 -mythic music- 07.04.22
今日、英語のmyth(神話)という言葉は、よく「作り話」の意味で使われる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/24 02:10
歌を連れて、街を歩こう。
昨日は、にわかに復活した路上演奏(vol.9)at 代々木公園2回目。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/04/15 22:35
ロックンロールは、俺らの夢の武器。勝利の日まで。
職場のドロップ・アウト、これにて完了。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2007/03/31 01:19
春の似合うひと。
今週は、卒展搬入、受付番、卒業式、搬出と。京都漬け一週間。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2007/03/14 02:19
僕の夢全部を、精一杯生き抜いて。
早いもので。今の職場もあと三週間くらい。 我が仕事納めは、ネオアコに捧ぐ。としようか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 9

2007/03/04 03:01
ネヴァダの変光星。Joanna Newsom、再来日。
昨日は、Joanna Newsom、来日公演最終日を観に行く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/27 02:27
Enfant Terrible、刹那の芸術。
はい、さて皆さん、お久し鰤(ぶり)。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/02/24 04:29
Susan Cagle、新曲公開。New Album coming out march 07'
いよいよ。 Susan Cagleの新しいスタジオ・アルバムは、3月リリース予定のよう。 彼女のmyspaceにおいて、純新曲2曲の公開が始まっています。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/27 03:07
CATS BERRY RECORDS INFORMATION
もうひとつ更新。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/20 02:24
松過ぎの又も光陰矢の如く
掲出句は高浜虚子です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/11 23:57
春慶。詩を写す。(第二回、Patti Smith)
明けましておめでとうございます。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/04 01:45
dipendent(依存)+ in(しない)= independent
ハイ。大晦日です。あっという間に、2006年最終日。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/31 01:50
Vedi Napoli e poi muori! (ナポリを見て死ね。)
皆さん、大掃除は済みましたか? 僕は大掃除とまではいきませんが、ようやく部屋が 人の住める部屋に戻りましたよ。では、引き続きイタリア見聞録です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/29 02:08
イタリア見聞録、第二回。(生き埋めの古代都市、Pompei。)
我々が約束の地へ到着したとしても 我々はすぐに往路便に乗らなければならない ブラック・スワン号に休息が訪れることはない さよならを言うために留まることなど決してありはしない ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/24 02:11
虹の彼方へ。イタリア旅行記の序にかえて。
世界旅行は見た目ほど楽ではない、 苦労を忘れ目にした不思議な場面を思い出すのは、 興奮や恐怖から家に帰ったあとに過ぎない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/12/12 02:01
帰国報告。驚きの泉、イタリア。
無事、イタリアより帰国しました。帰国報告です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/08 02:41
Bubble Knight、法王の都へ。
前述通り、本日午後一時出立。Cats Berryはイタリア、ローマへ謎の出張です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/27 03:51
Beat & Attitude
ようやく、更新出来る時間が取れました。 今月は予定を詰め込み過ぎて、マジでキツかったぜ…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/27 02:13
ひかり きらり ぴかり 光陰如箭。
今日はこれから、録音と、ジャケット制作。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/16 13:43
Next Live 「犬も歩けば棒にあたる vol.2」、フライヤー転載。
刹那に歌え。切り、引き裂き、あとは何も残すな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/11/15 02:35
Songs for Mr. and Mrs. temple town
先日は、とある新婚ご夫妻の結婚記念パーティーで歌いました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/11/07 02:40
そして、SusanはNYCへ。
日本列島に素晴らしい歌の種を蒔き散らし、 Susan CagleはNYCへ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/03 01:31
Susan Cagle、HMV渋谷へ。
今日は、Susan CagleがとうとうHMV渋谷店を訪れてくれました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/29 02:23
Roddy FrameのMYSPACEで「Kyonosuke Miyata/真理の囁きに」配信。
吃驚仰天。今日は一体なんなんだ(笑)…。 心臓がいくつあっても足りないぞ…。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/10/27 04:08
時が流れ、涙が溢れた。Susan Cagleとの再会。
今日はとうとう、来日中のSusan Cagleのライヴを観に行く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/10/27 02:33
Susan Cagle、来日中。列島縦断、路上ゲリラ戦開始。
文字通り怒濤。18日夜、無事Susan Cagleは成田経由で札幌へ。 12日間の来日行程の中で、前代未聞の計約40回に渡る 街角ゲリラ的ライヴ・パフォーマンスを行うようです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/20 02:23
希求の歌よ、万人の胸を撃て。Susan Cagle、来日公演日程。
この一年、ずっと追い風のように吹き続けている、Susan Cagleの歌。 いよいよ来日です。Susan Magic、佳境へとGO! ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/10/18 02:07
Next Live 「犬も歩けば棒にあたる vol.2」(出演バンド、追記。)
急遽、出演させて頂く事になった、ライヴ・イベントのお知らせです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/11 03:19
Ron Sexsmith、来日公演。初めからそこにあったもの。
「自分自身のメロディを見つけ出し、 昔ながらのテーマに新しい視点を加えること、それがぼくにとっての挑戦だ。」 Ron Sexsmith ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/06 01:27
Susan Cagle、プロモ来日確定。
今日は、新しく作るアルバムの曲を録音しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/29 03:47
「新しい方角(ボサノヴァ)」へ向かった男。
Joao Gilbertoが、今秋再々来日を果たすと言う。 ...続きを見る

トラックバック 2 / コメント 0

2006/09/27 02:38
誰かの歌が、勝利よりも喜びを与えることもある。
9月20日は、Roddy Frame、単独来日東京公演へ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/23 03:41
RODDY FRAME、単独来日前哨戦。
17日、タワー・レコード新宿店に Roddy Frameのインストア・ライヴを観に行く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/19 00:22
季節の変わり目には、歌がよく降る。
10日のライヴ、「ペンギンハウス的室内楽 その2」に お越し頂いた皆様、ご多忙の中をどうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 3

2006/09/14 02:44
ただ一つの理由。
さて、明日はライヴ。今回は純粋に歌のみに専念出来る。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/09 12:42
Anarchic Romanticism of yooth
the guitar plus me、最新作の報を頂きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/09/01 00:45
Next Live 「ペンギンハウス的室内楽2」
9月10日(日)のライヴ・フライヤーを制作しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/08/30 04:01
地下鉄から手を伸ばせ。(急報!ボーナス・トラック公表追記。)
『Susan Cagle / The Subway Recordings』、国内盤情報追記。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/23 02:52
真夏の贈り物。『murr*murr / daydream』
今日職場を、5月の「The Art Star Sounds vol.1」に出演頂いた、 wataru_popこと阿部渉さんが、デビュー・アルバムを携えて訪ねて来てくれました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/21 02:39
盛夏。
最近、庭に出ると正体不明の蔓草がどんどん 生長していて、見るたびにその進化に驚く。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/18 14:40
目映き旋律が煌めく時。RODDY FRAME、単独来日公演決定。
灯台下暗し!職場の埋もれた注文書の奥から衝撃の報せ。 Roddy Frame (ex.Aztec Camera)の単独来日公演が決定だ。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/06 00:33
熱く澄んだ歌。
「自分自身が未来になり、自分自身が最新のものになり、 自分のやろうとしていることに誠実であるってことが、 いまだに重要なことなんだ。」 Jack White (The White Stripes) ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/07/29 01:45
early autumn songs 「ペンギンハウス的室内楽2」
気が早いですが、初秋、9月10日(日)のライヴ詳細です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/20 03:49
小さな声で、大きく。
今度初めて、ライナーノーツというものを書かせて頂くことになりました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/16 02:52
失われないものこそ、イノセンス。
今回、二部に分けて。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/10 01:56
歌いたいと言う気持ち。(ライヴ映像追記)
『Susan Cagle / The Subway Recordings』、続報。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/01 02:40
CATS BERRY RECORDS INFORMATION
9月10日(日)、高円寺ペンギンハウス (http://www3.plala.or.jp/FREEDOM/PENGUIN.htm) 主催、シンガー・ソングライター系企画イベントに、出演させて頂くことになりました。 詳細は分かり次第、告知報告致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/23 03:36
Post Punk Pop、再び。
FLIPPER'S GUITARの1st、2nd albumが リマスタリング・リイシュー。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/15 03:23
祈りで綴られた夢。『New York Doll』
先日、『New York Doll』を観た。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/13 03:24
並行世界(パラレル・ユニヴァース)への上陸。
ようやく、「ボブ・ディラン自伝」(chronicles volume one) を読み終えて。詩のようなもの。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/08 03:17
街に棲む歌。生の意味を知るような時。
放たれた願いは、やがて歌になる。 虹をかけるような誰かが、もはや慰めではない歌を力強く歌う時。 人々の心は震え、熱情が跳ねっ返り、誰もが生の意味を知るような瞬間が訪れる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/06/04 02:50
雨降りの夜でも、Art Starは輝いたよ。
cats berry records & the second mandible presents 「The Art Star Sounds vol.1」にお越し頂いた皆様方、 出演頂いた皆様、雨降りの夕べをわざわざ江古田までご足労頂き、 どうもありがとうございました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/30 00:54
地下鉄の音楽。『Susan Cagle / The Subway Recordings』
ニューヨーク地下鉄のSSW、Susan Cagleのデビュー・アルバム、 「The Subway Recordings」がいよいよ発売。 ...続きを見る

トラックバック 6 / コメント 4

2006/05/24 03:43
原初の叫びを忘れたか?
“出世組の軍勢が街を巡回する中、 スクリーム武装隊は敵陣深くまでゲリラ攻撃を繰り返しています。” ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/05/19 14:53
新曲が増えそうだよ。
最近、なんだかいい歌をたくさん聴いている気がする。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/16 00:23
Next Live!「The Art Star Sounds vol.1」 
今月27日(土曜日)開催予定の、 新規の共催イベント、「The Art Star Sounds vol.1」。 再度の告知と今回のフライヤーを公開致します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/13 11:45
さようなら。グラント・マクレナン。
On Saturday 6th May 2006, legendary Australian singer-songwriter and member of The Go-Betweens Grant McLennan died in his sleep at his home in Brisbane. ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/05/11 02:01
雑誌の取材。
が、先月職場であって。今日、完成品を確認した。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/05 01:14
もうひとつの日本。もうひとつの暮らし。
僕の黄金週間は、一足先に終了。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/05/01 23:22
「SONG FOR A FRIEND vol.4」 明日開催。
ハイ、皆さん、こんばんは。CATS BERRY 放送局です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/27 01:20
金鉱のような音楽たち。
近況報告その他諸々、時間がないからスクラップ掲載。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/21 22:58
真実を告げろ。『Roddy Frame / Western Skies』
Roddy Frameの最新作、『Western Skies』の曲目が発表。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/13 02:35
Sleepers Awake! (眠れる人、目覚めよ)
小沢健二の連載小説「うさぎ!」の第一話が、WEB上で公開されているのを見つけました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/11 00:30
その気になれば、いつだってそこに。
なんか久々に。自分の半径数m以内での音楽話。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/07 23:03
「SONG FOR A FRIEND vol.4」 次回イベント・フライヤー完成。
次回イベント・フライヤーが完成しました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/04/05 03:43
PRESENTATION PIECE (もぐらの会 vol.2)
昨日は、国立(くにたち)公民館音楽室で行われた、 PRESENTATION PIECE (もぐらの会 vol.2)に参加して来ました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/26 10:57
SHACK船長、3年ぶりの帰港。『The Corner of Miles and Gil』
発見。SHACKの最新作は5月15日(英国)リリースだ。 今年はホントウに。みんな帰ってきたなあ…。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/25 03:38
生きるための歌。たたかう音楽。
詩がリズムのあることばなら、歌はメロディーのある詩だ。と、高橋悠治は言う。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 1

2006/03/23 00:41
BBS never dies.
タイトルがなんだか大袈裟ですが、BBSも時折更新されています。 ので、時々覗いてみて下さい。ということが言いたかったのです。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/18 01:20
また見つけたよ。Live Report 05.12.09 at 高円寺 PENGUIN HOUSE
今頃になって、またひとつ昨年暮れのイベントのレポート記事を見つけました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/14 02:38
人通りのない街路。静寂という名の暴動。
KINGS OF CONVENIENCE、初来日公演。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/03/13 03:34
弥生、卯月、皐月。イベント詳細。
先日お伝えしました、2つのライヴ・イベントの出演者等詳細です。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/08 01:00
CATS BERRY RECORDS INFORMATION
今春、cats berry recordsでは、 2つのライヴ・イベントを開催致します。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2006/03/03 02:34
誰かに向けて語られる独り言。「SONDRE LERCHE / DUPER SESSIONS」
気がついたら、SONDRE LERCHEの新譜が出ているじゃないか。 聴いてみたら。モノ凄くイイじゃないか。最高じゃないか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/27 02:41
cats berry studio な或る一日。
休日のあれこれ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/23 00:58
Live「氷上におけるウエディングケーキ試食会終了後のココア風味のフレンチ・キス及びその考察」
2月18日は、 江古田 Cafe FLYING TEAPOTにて行われた、ポエトリー・リーディング&ライヴ・イベントへ。 オープン・マイク・タイムに、2曲歌わせて頂きました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/20 02:25
Man In Black(黒服の男)の愛。「JOHNNY CASH / WALK THE LINE」
とうとう、御大の登場。 映画、「JOHNNY CASH / WALK THE LINE」が、 2月18日から日本公開。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/18 15:23
Broom Duster KAN 主演映画 「蓮の咲く音」
昨年12月9日の、 cats berry records presents「SONG FOR A FRIEND vol.3」 において、圧倒的な貫禄の演奏で見事トリを飾って頂いた、 吉祥寺井の頭公園のブルース・シンガー、Broom Duster KANさん。 彼の主演映画が、公開決定だ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/15 00:59
さすらいびとに、安らぎを。
この頃、大好きな人の新譜が重なり。毎日のように目眩が。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2006/02/12 01:45
そして、RODDY FRAMEが帰って来る。
RODDY FRAME (ex. AZTEC CAMERA)が、4月24日にニュー・アルバムをリリース。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/09 03:14
オープンリールで録音を。
今晩は地元で、元RACCASUN RECORDS主宰、現在は Great YEar soundingsのメンバーでもある櫻井さんと、久々の地元呑み。 ...続きを見る

トラックバック 1 / コメント 2

2006/02/09 02:19
小沢健二、最新作。「毎日の環境学: Ecology Of Everyday Life」
3月8日リリース、小沢健二最新作の続報。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/04 17:25
野良猫のための心なごむ音楽。奇才、EDGAR JONESの復活。
「現代の音楽には横糸がないんだ。横から織りこまれる何かがね。」 Edgar‘Jones’Jones ...続きを見る

トラックバック / コメント

2006/02/03 02:22
すべてを悟らせふるさとへ。「BOB DYLAN NO DIRECTION HOME」
MARTIN SCORSESE監督による、「BOB DYLAN NO DIRECTION HOME」を観た。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/27 00:44
ミューズ、メンフィスに降り立つ。
モノは試し。ということで、blogなるものを始めてみました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/12 02:04

トップへ | みんなの「音楽」ブログ

Cats Berry Records Blog 音楽のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる